「高須院長が入れ墨、タトゥーへの持論を投稿」の朝

0

    6:30に撮った空です。
    6:30の気温(駅前表示)は16℃でした。

    201809210500

    高須クリニックの高須克弥院長(73)が9月20日、ツイッターを更新、入れ墨やタトゥーについて自身の考えを投稿した。ネット上には9月18日に死去した格闘家、山本“KID”徳郁さん(享年41)の入れ墨について様々な意見が出ており、高須克弥院長はフォロワーからの質問に返答した。
    “入れ墨は皮膚呼吸がしづらく疲れやすいというのは迷信か”との質問には「迷信です」と返信、“入れ墨がなかったらMRIで病気を早期発見、早期治療ができたのでは”という投稿には「胃がんの診断にMRIは無関係」と答え、「タトゥーは装飾分野の文化です。受け入れるのも拒否するのも自由です」「医師として不潔な方法や有害物質を使うことには同意できません」「日本の彫物技術が絶えるのは残念です。僕が若ければ伝統文化を継承して医者もできる名匠彫り克を名乗っていただろうと思います」などとツイートした。
    5時間後の更新では、警察小説などにある“入れ墨した人間は肝臓を悪くする”という記述の真偽について質問を受けると「消毒してない針で皮膚に無数の穴を開けて異物を刺し入れるのですから他のお客からの血清肝炎のリスクが高まります。肝炎の次のステージは血清肝炎→肝硬変→肝臓癌」と丁寧に説明した。

     

     

    JUGEMテーマ:気になること


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    見てね!

    怪しいビジネス案件

    こちらで紹介してます
    めちゃくちゃ怪しい
    ビジネス案件

    seoparts

    • seo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「イタリア宝くじの賞金が180億円に達した」朝
    • 「鳩山邦夫総務相が辞任し後任に佐藤勉国家公安委員長」の朝
      yutakarlson

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM