「吉野家HDが赤字転落」の朝

0

    6:00に撮った空です。
    6:00の気温(駅前表示)は17℃でした。

    201810060600

    吉野家ホールディングスは平成31年2月期に、6年ぶりの通期最終赤字に転落する。
    牛丼業界の価格競争が主因だった前回の赤字に対し、今回は「原材料高」「人件費高騰」「コンビニ弁当など中食との競争激化」「消費者の低価格志向」という4重苦が重荷になった。
    米国産牛肉にこだわる吉野家にとって、アジア各国で需要が高まり、価格上昇が続くことが長年の懸念だった。昨年夏の対米牛肉セーフガードの発動による関税増加分の上乗せに加え、米中貿易摩擦で中国が米国産輸入を解禁したことによって、価格はほぼ高止まりの状態が続き、国内でも、生産者の減少で業務米が外食各社の取り合いになり、価格上昇が深刻で、河村泰貴社長は「今期は牛肉で15億円、コメやシャケなども含め、原材料で28億円の原価上昇になる」と分析する。
    人件費では、東京都内でバイトの時給が1000円を超え、深夜時間帯は1500円に達するが、それでも人材確保競争は激しく、引き抜き警戒で人件費の上積みも迫られる。
    業態として競合関係にある中食は昨年、総菜市場が初の10兆円台超えになるなど好調、ファミリーマートが中食専用工場2カ所を新設するなど、コンビニ各社の中食攻勢は加速し、外食との顧客争奪戦は厳しさを増す。
    そして、最大の課題が「デフレマインド」、コスト上昇を価格に転嫁すれば急激な客離れが起きるのは、外食各社の事例でも明白、中でも牛丼は、消費者の価格感度が高いとされ、河村社長は10月5日の会見でも、「値上げは計画にない」と従来の発言を繰り返し、値上げできないジレンマに吉野家、そして外食産業全体が追い込まれている。

     

     

    JUGEMテーマ:気になること


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    見てね!

    怪しいビジネス案件

    こちらで紹介してます
    めちゃくちゃ怪しい
    ビジネス案件

    seoparts

    • seo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「イタリア宝くじの賞金が180億円に達した」朝
    • 「鳩山邦夫総務相が辞任し後任に佐藤勉国家公安委員長」の朝
      yutakarlson

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM