「メイウェザーvs那須川天心が実現!」の朝

0

    15:30に撮った空です。
    15:30の気温(駅前表示)は14℃でした。

    201811161530

    RIZINの榊原信行実行委員長が11月16日、ツイッターを更新し、総合格闘技イベント「RIZIN.14」(12月31日、さいたまスーパーアリーナ)での那須川天心(20)との試合を中止する意向を表明したボクシングの5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41)(米国)の誤解が解け、予定通り試合を行うと発表した。
    榊原信行実行委員長hくぁなしあ「フロイド・メイウェザー選手とのミスアンダースタンディングは解決しました。彼は12月31日大晦日にRIZIN.14のリングで那須川天心選手と対決します」とツイートしている。
    メイウェザーと那須川天心の対戦は、11月5日に都内で行われた会見で発表され、メイウェザーは、その席上で「那須川選手は若く、強く、速い。負けていないことも、彼の正しさを証明していると思う。並の選手ではない。米国を飛び出して自分の力を試したことはない。機会を与えてくれて感謝しています」と那須川戦実現を喜び、一方、那須川天心も「自分は、何のルールでもいいです。蹴りがありでも出来ますし、相手の土俵でボクシングのルールで戦って、パンチのルールで戦ってもいいかなと思っています」と、ボクサーのメイウェザーの土俵である、ボクシングルールでの対戦を受け入れる構えを示した。
    ところが会見からわずか3日後の11月8日、メイウェザーが自らのインスタグラムで「私、フロイド・メイウェザーは、那須川天心との公式戦には1度も同意していないことを、はっきりさせたい」と主張、会見では全世界で中継が行われることも明らかにされたが、メイウェザーはオファーはRIZINの選手を選んでの3分3回のエキシビションで「純粋にエンターテインメントで、公式戦ではなく、世界への中継もないと聞いていた」と公式戦とは考えていなかったと指摘、RIZIN側との見解の相違が浮き彫りとなっていた。
    榊原実行委員長は、メイウェザーと並んで拳を握り締めた写真をアップし「詳細は日本に戻った時に記者会見で話させて頂きます」とツイート、米国でメイウェザーと会談した模様で、帰国後、その詳細を明らかにすると約束した。

     

     

    JUGEMテーマ:格闘技全般


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    見てね!

    オススメ!

    seoparts

    • seo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「イタリア宝くじの賞金が180億円に達した」朝
    • 「鳩山邦夫総務相が辞任し後任に佐藤勉国家公安委員長」の朝
      yutakarlson

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM