「『新語・流行語大賞』17年ぶりお笑い界からノミネートなし」の朝

0

    5:00に撮った空です。
    5:00の気温(駅前表示)は5℃でした。

    201911070500

    今年最も話題となった言葉を選ぶ「現代用語の基礎知識選 2019ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30語が発表された。
    「あな番」「タピる」「令和」「ONE TEAM(ワンチーム)」などが選ばれるなか、今回は2002年以来、17年ぶりにお笑い界からのノミネートがゼロという異例の結果になった。
    近年の「新語・流行語大賞」では、お笑い芸人のギャグやフレーズが必ず1つはノミネートされるのが定番で、トップ10入りを果たすか否かの話題もこの季節の風物詩となっている。
    さかのぼると、2003年の「なんでだろう〜」(テツandトモ)、「ゲッツ」(ダンディ坂野)から昨年の「ひょっこりはん」(ひょっこりはん)まで16年連続でお笑い界からのノミネートが続いていた。
    ORICON NEWSによる今年7月発表の「2019年 上半期ブレイク芸人ランキング」では1位・霜降り明星、2位・チョコレートプラネット、3位・Mr.シャチホコ、4位・EXIT、5位・ガンバレルーヤという顔ぶれが登場、中でもチョコレートプラネット・長田庄平による和泉元彌のものまね「そろりそろり」や、チャラ男ネタで注目されたEXITの「ポンポンポン!」、ほかにも夢屋まさるの「パンケーキ食べたい」など印象に残るフレーズは存在したものの、残念ながらノミネートには届かなかった。
    <お笑い界発の「新語・流行語大賞」ノミネート>■2018年「ひょっこりはん」(ひょっこりはん)■2017年「35億」(ブルゾンちえみ)、「空前絶後の」(サンシャイン池崎)■2016年「斎藤さんだぞ」(トレンディエンジェル 斎藤司)■2015年「ラッスンゴレライ」(8.6秒バズーカー)、「あったかいんだからぁ」(クマムシ)、「安心してください、穿いてますよ」(とにかく明るい安村)■2014年「ダメよ〜ダメダメ」(日本エレキテル連合)■2013年「フライングゲット」(キンタロー。)■2012年「ワイルドだろぉ?」(スギちゃん)■2011年「君、きゃわゆいネェ」(オリエンタルラジオ 藤森慎吾)■2010年「ととのいました」(元・Wコロン ねづっち)■2009年「あると思います」(天津木村)■2008年「グ〜!」(エド・はるみ)、「言うよね〜」(はるな愛)、「世界のナベアツ」(世界のナベアツ)■2007年「オッパッピー」「そんなの関係ねぇ」(小島よしお)、「欧米か!」(タカアンドトシ)■2006年「チョット、チョットチョット」(ザ・たっち)■2005年「フォーーー!」(レイザーラモンHG)■2004年「残念!!」「って言うじゃない」(波田陽区)■2003年「なんでだろう〜」(テツandトモ)、「ゲッツ」(ダンディ坂野)

     

     

    JUGEMテーマ:気になること


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    見てね!

    オススメ!

    seoparts

    • seo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「イタリア宝くじの賞金が180億円に達した」朝
    • 「鳩山邦夫総務相が辞任し後任に佐藤勉国家公安委員長」の朝
      yutakarlson

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM